ケーブル法(小鼻縮小)

  • 日帰りOK
  • 当日施術可

こんな方におすすめ

  • 鼻の穴が目立つので、鼻全体が広がって大きく見える
  • 鼻の穴を小さくしたい
  • メスを使用しないので、傷跡が残らない

施術のポイント

メスを使用せず数分で終了するものから本格的な治療までも得意としております。施術の翌日からメイクや洗顔はもちろんの事、普段と変らない生活ができます。専門医が施術を行いますので、安全で自然な仕上がりになります。

  • 料金
  • よくある質問

小鼻が大きく横幅が広いので、小さな鼻に憧れている方には東京美容外科の小鼻縮小(ケーブル法)がおすすめです。細い糸を用いることで短時間(約10分)で小鼻を寄せて縮める施術です。また、メスを使わないのでナチュラルな仕上がりが特徴です。腫れもほとんどありません。

施術方法

小鼻縮小(ケーブル法)

細い糸を用いることで短時間(約10分)で小鼻を寄せて縮める施術です。メスを使わないのでナチュラルな仕上がりが特徴です。腫れもほとんどありません。

特徴

  • 麻酔 局所麻酔
  • 施術時間 10分
  • 傷跡 残りません
  • 入院 不要
  • 通院 不要
  • 洗顔 翌日可
  • メイク 翌日可

ケーブル法(小鼻縮小)の保証制度

東京美容外科では術後安心保証のアフターサービス制度を設けています。
ケーブル法(小鼻縮小)を受けられた患者さまは、術後、どのようなトラブルであれ対応させていただきます。
詳しくは術後安心保証ページをご覧ください。

術後安心保証について

ケーブル法(小鼻縮小) の料金

ケーブル法

施術方法 料 金
ケーブル法 165,000円(税込)
  • ※他院修正は各料金の20%アップで対応いたします。
  • ※麻生統括院長の施術料金は通常料金より1.5倍増、技術指導医 井上医師は20%アップとさせていただいております。

ケーブル法(小鼻縮小) のリスク・副作用と術後の注意点

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。

  • 内出血がおこる場合がありますが、約1~2週間で引いていきます。
  • 術後2~3週間は突っ張った感じがする場合があります。徐々になじんでいきますので、ご安心ください。
  • 患部に強い力が加わると、糸が切れる恐れがありますので、お気を付け下さい。
  • 切開法の場合、抜糸後も鼻という部位の特性上、傷の赤みは厳密には数か月続く場合があります
[料金]165,000円(税込)

ケーブル法(小鼻縮小) のよくある質問

Q.傷跡が心配ですが、残ってしまいますか?

A.ケーブル法であれば傷跡はまず残りません。

Q.元に戻ることはありますか?

A.ケーブル法による小鼻縮小では糸が切れるなどして元に戻る可能性は残ります。

Q.左右差が出てしまうことはありませんか?

A.手術によって明らかに左右差が出てしまうことはありません。
ただし元々左右の鼻の穴の大きさが異なることもあります。
術前に明らかな左右差がある場合にはそれも修正できる範囲で自然な仕上がりにいたします。

ケーブル法(小鼻縮小) の人気記事

ケーブル法(小鼻縮小) の関連記事

監修医師紹介

東京美容外科 沖縄院 院長 西川 大嗣 医師

西川 大嗣 医師

東京美容外科 沖縄院 院長
愛媛大学 医学部 卒

日本形成外科学会 認定専門医・指導医/ 日本創傷外科学会 専門医
下肢静脈瘤 血管内焼灼術 指導医 / 皮膚腫瘍外科 分野指導医
厚生労働省認定臨床 研修指導医
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー ・ インプラント実施医師
日本形成外科学会乳房増大用エキスパンダー ・ インプラント実施医師
日本頭蓋顎顔面外科学会 / 日本美容外科学会(JSAPS/JSAS)

  • 特長・料金
  • よくある質問

関連施術

貴族手術

鼻翼基部への自家組織移植で ほうれい線を改善

鼻ヒアルロン酸注入

簡単!僅か数分で理想の鼻の高さに

隆鼻術

隆鼻術で、よりシャープな理想の鼻に

プロテーゼ抜去

不自然な形のプロテーゼ除去

小鼻・鼻翼縮小(切開)

小鼻の大きさを縮小し可愛らしい印象に

鼻尖形成

鼻先を整えてモデル・タレントのようなシャープな鼻に

鷲鼻削り

女性らしいシャープな鼻筋へ

鼻中隔延長

外国人のような鼻にしたい方に

鼻孔縁形成

鼻の穴が大きくてお悩みの方におすすめ

東京美容外科の特長

ケーブル法(小鼻縮小) が治療可能な院

東京美容外科には様々な科目の専門医・学会会員が在籍しています

東京美容外科には日本形成外科学会 認定専門医、日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会 会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会 専門医、日本形成外科学会 会員、日本熱傷学会 会員、日本創傷治癒学会会員、日本抗加齢医学会 専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本レーザー医学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

また定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。
美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った東京美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。